今のうちに仕込んでおきたい?今年の夏にサンダルを被らせたくない人のためのまとめ。

TREND 2016.05.13
「人と被らないサンダルを探しています!」

サンダルシーズンの到来です。今年はスポーツサンダルが街に溢れる気配ムンムンですね。例年に比べてサンダルシーンが盛り上がること必至です。

ということで、人と被らない準備はできていますか?梅雨に入るまえにお気にな一足を忍ばせておくことをオススメします。そのご参考に、ぜひ見てみてください。

・軽さを耐久性を備えた、ROOTのイチオシ中のイチオシ


normal

代官山のROOTが提案するのは、『SUICOKE(スイコック)』のMOTO-VS。同店がSUICOKEを今シーズン一推しする理由とは…?

「ROOTの今シーズン一推しのSUICOKEのコンフォートモデルとなります。SUICOKEの定番といえる機能性も兼ね備えながら、更に特筆すべきはカウスウェードを採用している点でございます。このスウェードの質感が光沢感あるナイロンストラップと相まって、とても上品な印象となっておりますのでいわゆるつっかけのサンダルが苦手といった方でも、自然に取り入れ易く、人ともあまり被る事のない一推し中の一推しのモデルでございます。」

詳しくはこちらから。

・高級絨毯を歩くような履き心地の一足


normal-2

京都のShabby&Industrialが提案するのは、『THE SANDALMAN(サンダルマン)』のWIDE STRAP SANDAL。高級絨毯の上を歩くような履き心地のサンダルとは…?

「当店の御提案はアメリカのカリフォルニアのハンドメイドサンダルのTHE SANDALMANです。元々地元のサーファー達のオーダーメイドのサンダルを作っていたのですが、その履き心地の良さで評判となり今の地位を築いただけあり、シンプルな作りながらも、そのアーチのサポート力やまるで高級絨毯の上を歩くような履き心地はこの手のサンダルでは別格となります。」

詳しくはこちらから。

・アーバンリサーチだけでしか手に入らないグルカサンダル


normal-3

URBAN RESEARCHが提案するのは、『bibliotek × URBAN RESEARCH GURKHA SANDALS』のグルカサンダル。アーバンリサーチだけでしか手に入らない大人のためのグルカサンダルとは…?

「レザーのグルカサンダルはいかがですか?今シーズン、アーバンリサーチが名門シューズメーカー bibliotecに別注したグルカサンダルは、ビブリオテックでは通常展開のないグルカサンダルを型から起こしモダンに仕上げたものです。レザーシューズのような面構えながら通気性をキープしています。アーバンリサーチだけでしか手に入らない大人のための一足です。」

詳しくはこちらから。

・違いのわかる大人のためのサンダル


normal-4

名古屋のSynapse natifが提案するのは、『nil admirari(ニルアドミラリ)』のステアレザーサンダル。違いの分かる大人にお薦めしたい珠玉の逸品とは…?

「アッパーにはウォータープルーフ加工を施した、きめ細やかなレザーの質感と美麗な光沢が魅力の特殊なステアレザーを使用。インソールに配したクッションとアッパーのレザーが、足を包み込みこむような抜群のフィット感を実現します。アウトソールにはオリジナルのシャークソールを採用し、クッション性にも優れています。無駄を省いたデザインであるからこそ光る素材の上質さを肌で感じられる一足です。違いの分かる大人の方々に、是非お薦めしたい珠玉の逸品です。」

詳しくはこちらから。

・モードとスポーツをミックスした新しい一足


normal

学芸大学のLINKSが提案するのは、『COURTLEY & SONS(コートリー アンド サンズ)』のSM.PS.02 SANDAL。スポーツサンダルのディティールにモードの要素をミックスさせたサンダルとは…?

「スポーツサンダルのディテールに、大きくハッキリしたクラシックなウェルトの目付を融合させたデザインが特徴のレザーサンダル。アッパーにはカーフレザーを用いて、クッション性の高いインソールには高級人皮革、"ウルトラスエード"を採用。甲部にはベルクロ式ストラップ、足首部にはバックル金具式のストラップと2カ所で調節とホールドを行います。ウェッジソールには超軽量で滑りにくく、クッション性に優れたビブラム社の”MORFLEX”を採用。ファッション性の高いイタリア靴ブランドやメゾンの靴を手掛けてきたデザイナーブランドらしい現代のファッションにマッチするレザーサンダルです。」

詳しくはこちらから。

・90's香る、歴史においても価値ある一足


normal-5

高円寺のLampaが提案するのは、『SUICOKE(スイコック)』のNOTS-VS。90年代フレーバー溢れる粋なデザインのサンダルとは…?

「 素材には上質なカウスエードを使用し、ライニング材には通気性の良い豚革を使用。そしてフッドヘッドには世界でも初のVibram社によるブランドオリジナルの劣化しづらく柔らかいフッドベッド、アウトソールには独自開発の軽量ソールMORFLEXを使用しています。90年代フレーバー溢れる粋なデザインは、様々なスタイルに対応しシーズン問わず履いて頂けます。」

詳しくはこちらから。

いかがでしたか?どれも違うテイストなので妄想が広がって大変ですね。「これはどんなスタイルに合わせるのがオススメなのか?」そんな疑問をショップにメッセージして聞いてみるのもアリですね。では、楽しいサンダルシーズンを!

Text.Shunsuke Mizoguchi


Text&Edit : ライターS


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Normal 14f01e15 TREND 2017.05.27

    夏を満喫したいなら、プチアウトドア仕様のサンダルがオススメです。

  • Normal d28a7039 TREND 2017.05.10

    厚みを感じさせる夏の足元。今年はスポサンじゃなく、普通のサンダルが欲しい件。

  • Normal d31f6acf TREND 2017.05.02

    涼しさとトレンドを両立。そろそろ見ておきたい、ソックスを履いたまま使えるサンダルたち。

  • Ss00759 TREND 2017.04.17

    ソックス履いてスプリング、裸足でサマーを乗り切ろう。今、押さえておきたいサンダル3足。

  • Normal 2c206450 TREND 2017.03.29

    抜け感が欲しい人のために、少し早めにサンダルをプレビュー。

  • Sabo matome TREND 2017.03.23

    今年の夏はこれが来る?ポストスポサンの呼び声高い、メンズのサボが一足先に集結。

RANKING Created with Sketch.

dairy weekly
STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS