夏のビジカジスタイルに使える、おすすめのメンズジャケットをまとめてみました!

TREND 2016.05.09
normal

「春から夏にかけてビジネスカジュアルで使えるおすすめジャケットありますか?」

ビジネスでは暑いけれど、ジャケットを着なければいけないというシーンも多々ありますよね。普段私服の会社でもセミナーやプレゼンのときはジャケットが必須だったり…。

そこで今回は夏にもサラりと着られるようなビジカジにオススメのジャケットをご紹介していきます!シャツ地から、高機能素材のものまで多数揃っているので、ぜひご覧ください。

・シャツ感覚で着られる一枚仕立てのジャケット


101539237

大阪のEight Hundred Shipsがオススメするのは、『STILL BY HAND(スティル バイ ハンド)』のコード織シャツ素材ジャケット。シャツ感覚で着られるジャケットの魅力とは…?

「一枚仕立てのジャケットなのでほぼシャツ感覚で来ることが出来ます。段返り仕様のラペルがカジュアルすぎる印象を与えないので、ビジネス対応可能だと思います。ONにもOFFにも使える便利アイテムですね。」

STILL BY HANDの詳細はこちらから。

・テーラードだけど肩の力を抜いて着られるサイクリングジャケット


normal-2

高円寺のLampaがオススメするのは、『Still by hand(スティルバイハンド)』のサイクリストジャケット。テーラードながらアクティブに着られるジャケットとは…?

「生地には横糸にタスラン糸という加工糸を使用する事で耐水・撥水性を維持しながら上品な肌触りと光沢を実現。また裏面をシレー加工(熱などで生地の目をつぶす事で遮風性や撥水性を高める加工)を施し、優れた遮風性、撥水性も兼ね備えた生地を仕様。デザインはテーラードながらもボタンの開け閉めによってカバーオールみたいな雰囲気にもなります。テーラードながらもアクティブで肩の力のぬけた粋なデザインに仕上がっております。」

STILL BY HANDの詳細はこちらから。

・初夏から夏にオススメのビーチボーイジャケット


normal-1

横浜・仲町台のEuphonicaがオススメするのは、『EEL(イール)』のビーチボーイジャケット。初夏から夏向けに作られたジャケットとは…?

「EELの"Beach Boy Jacket"は如何でしょうか。生地と同色のマドラスチェックの織り柄が控えめながら効いた、初夏から夏向けのジャケットです。裏地はメッシュになっており、通気性を保ちからりとした着心地を維持します。」

EELの詳細はこちらから。

・COOLMAX®を使用したサラッとした着心地のジャケット


normal-3

URBAN RESEARCHがオススメするのは、『URBAN RESEARCH Tailor(アーバンリサーチ テーラー)』のクールマックスバスケットジャケット。生地に機能素材を使用したジャケットとは…?

「ジャケパンスタイルと相性のいい素材感やディテールのジャケットです。生地にCOOLMAX®という機能素材を使用しており、さらっとした快適な着心地を維持する速乾性と、すっと抜けるような通気性に優れているため、これからの時期にオススメです。」

URBAN RESEARCH Tailorの詳細はこちらから。

・日本製のコットンリネンを使ったブレザー


normal-4

原宿のONSがオススメするのは、『ONS(オーエヌエス)』のコットンリネンブレザー。日本製コットンリネンに加工した生地感が特徴的なジャケットとは…?

「春から夏にかけて、ビジネスカジュアルにぴったりのジャケットをご提案いたします。こちらのブレザーは、日本製のコットンリネンの生地にクリンクル加工が施してあり、立体的な生地感と、羽織った時の軽やかさが特徴のブレザーです。見た目も、3つボタンのクラシックなタイプでビジネスシーンにも非常に使いやすいです。」

ONSの詳細はこちらから。

・自宅で洗える高機能アバタージャケット


normal-5

代官山のCONNECTEDがオススメするのは、『MINISTRY OF SUPPLY(ミニストリー オブ サプライ)』のAVIATORジャケット。マサチューセッツ工科大学出身のエンジニアが集まり、テクノロジーとファッションが融合したモノ作りを得意とする同ブランドの魅力とは…?

「こちらのジャケットは素材に特殊なニットを使用し、擦れに強く充分なストレッチ性を装備。非常に軽く、抜群の可動性でストレスを全く感じさせない着用感となっております。ジャケットとは思えないほどの着心地の良さがありながら、デザイン自体はベーシックで清潔感がありますので、ビジネスシーンで安心してお使い頂けます。ご自宅で洗濯して、アイロンなしで直ぐ着れるお手入れも楽な商品です。」

MINISTRY OF SUPPLYの詳細はこちらから。

・シャツ地だけどしっかりと作られたコットンジャケット


normal

代官山のhusbandがオススメするのは、『GUARICHE(ガリッシュ)』のギンガムコットンジャケット。シャツ地だけどしっかりと作られたコットンジャケットとは…?

「プライベートブランド GUARICHEのGINGHAM COTTON JACKET。シャツ地ですが肩パッド、毛芯、背抜き仕立て、袖裏地を用いてジャケット同様に作られています。薄地なので夏でもジャケットスタイルを楽しめます。」

GUARICHEの詳細はこちらから。

いかがでしたか?夏にジャケットを着なければいけないけど、少しでも快適に過ごしたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね!また、気になったアイテムがあった人は詳細からメッセージを送ってみてください!

Text.スタイラー編集部


 
Text&Edit : 編集長Y


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Navy jk tp TREND 2017.05.11

    コットンリネンで春夏顔。カジュアル・ビジカジシーンはこれらのネイビージャケットが安パイ。

  • Bizcasu top TREND 2017.05.08

    私服OKな会社に勤めているからこそ欲しい。肩肘張らずにサッと羽織れるジャケット。

  • U jk TREND 2017.04.21

    暑がりでも大丈夫。春夏のビジカジで活躍してくれるジャケットをピックアップ!

  • Ss00764 TREND 2017.04.18

    この組み合わせが効果抜群。ワイドパンツに合う、春アウターまとめ。

  • Jk biz TREND 2017.04.12

    スーツVSビジカジ。スーツジェントルマンと対等に渡り合えるビジカジアイテムをお教えします。

  • Normal 76a5195f TREND 2017.03.24

    このジャケットを買え!#編集部がオススメする今週のこれ買いアイテム

RANKING Created with Sketch.

dairy weekly
STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS