【レポート】TH_READ新作予約会。白/黒で男を光らせるジャケットとシャツ。

EDITOR'S 2015.12.25
L_image
国内外でメイドインジャパン製品の魅力が再発掘され、ジャパンテキスタイルに興味を持ち始めた人も多いだろう。生産者の顔が見え、声が聞こえる距離感に保障される品質は、国産ならでは。直に肌に触れ毎日身に付けるものだけに、品質にこだわりだしたら奥が深いのが洋服の世界。

そんな中、今注目されているメイドインジャパンのハイエンドブランドがある。プロジェクト単位で日本各地の産地と共同し服作りをするプロダクトブランド「TH_READ(スレッド)」だ。名前に込められたのは、生地が生まれる一本の糸という意味と、インターネット上でひとつながりの話題を表すTHREAD、そして生地(Textile)の歴史(History)を読み解く、理解する(READ)という意味。今年の春夏から立ち上がったばかりのブランドだが、SNSやECに掲載されるクオリティの高いヴィジュアルや直接デザイナーや生産者とコミュニケーションをとれる予約会などで、着実にファンを増やしている。

_DSC1651
TH_READは優れた技術を誇る日本の工場で一本の糸から生まれた生地を、衣服を通して世界につなげていくことを目指している。ただ単に仕立ての良い服を作り販売するだけではなく、生産者の思いやストーリーまで伝えることで、あまり表に出てこない日本の伝統技術、素材、生地屋の歴史、生産背景を伝えるメディアの役割も担っているのだという。

伊勢丹メンズ館「CHALIE VICE」のセレクトによる新作予約会


image1

image2
12月19日、20日に新宿伊勢丹メンズ館 8F の「CHALIE VICE」にて、来年3月に発売される新作の予約会が開催された。大人の男性に向けてウイットと遊び心を提案するブランド「CHALIE VICE」のセレクトで、今回の特別な会が開かれたのだ。テーラリングを学び洋服の作りを熟知しているTH_READ代表の計良さんに採寸してもらえたり、普段は入ることができないCHALIE VICEの特別な空間に入れたり、この貴重な機会に多くのファンが来場した。

今回発表された新作は、並べると黒と白の対比が美しいジャケットとシャツの2型。ジャケットは袖丈の調節が可能、シャツは袖丈、首回りなどフルオーダーが可能になっている。

_DSC1667

深い漆黒のジャケット【NOTCH LAPEL 2BS JACKET】


12345445_954789051226268_2522974067683343340_n
黒にこだわり抜いたというウールのジャケット。SUPER'120といわれる高級ウールの原毛の中でも90番手という極めて細い長繊維を双糸に紡績。津島市の日比毛織のシャトル機でゆっくりと織り上げられた生地にオフスケール加工(ウール原毛自体の毛羽取り加工)という特殊な加工を施しながら染め上げることで、滑らかで吸い込まれるような黒を作り出す。生地自体にハリ、コシを持たせる含浸処理を施したのち、ストレッチ加工を加えることで動きやすさもプラス。パターンメイキングは先シーズンのシアサッカージャケットを担当したユニバーサルドラフティングの鈴木氏に依頼している。

12308458_954789004559606_891538022009531567_n

今回このジャケットの生地を担当したのは、上質なウールを世界に発信している兒玉毛織株式会社。気軽さや着やすさが要求され、現代において多様化するフォーマルウェアのニーズに対して、常に最高級の品質を提供し続けている。実際に着てみて驚いたのは、羽織った気がしないほどの軽さに、動いてもスタイルが崩れない生地のハリ感、動きやすいストレッチ性。徹底的に黒にこだわったこのジャケットは、ボタンまで共布で包まれ真っ黒。一度羽織れば背筋が伸び、他のジャケットに袖を通すことができなくなりそうだ。

強く、白いシャツ【FINX COTTON WHITE SHIRTS】


12311216_954745497897290_3450295640130308411_n

繊維が細く頑丈で上質なコットンの代表格であるギザコットンの中でも最高級のフィンクスコットンを使用した、しっかりとハリ感のあるシャツ。紡績から生地仕上げまで全ての工程を監修しているのが、日本で数少ないフィンクスコットンの生地を製造販売している浜松市の有限会社テキスタイルベガだ。ここで作られた生地は千葉へと送られ1枚1枚丁寧に裁断される。縫製は一般のシャツに比べて約2倍の手間隙がかかるステッチの細かさ。80番という極めて細い糸で3cm間隔に24針という細かさで精密に縫われていく。

12308593_954745444563962_2169552077457151604_n

キメの細かいツヤ感や手触り、洗いざらしでも形状維持するほど強いハリ感は、数々の工程を経て仕上げられたジャパンメイドだから成せるもの。気取った輝きを持つ白ではなく、ただただ強く、白いシャツ。触れば惚れ込んでしまう危険な質感だ。


1月末にはTH_READ展示会も開催予定。実際に着用しカスタムオーダーすることができるチャンス。日本の工場の現状やテキスタイルの奥深さを知ることができる、ハイクオリティな写真が並ぶインスタグラムや生産者や消費者のストーリーが覗けるFacebookは要チェック。

TH_READ
HP / Instagram / Facebook / EC

Text.Azu Satoh

Text&Edit : azu satoh


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Dsc0070 EDITOR'S 2016.05.24

    【体験レポ】クリーニングをもっと身近にする?宅配ネットクリーニングのリネットを使ってみた。

  • Yi134 EDITOR'S 2015.12.26

    【レポート】日本発ファッションレンタルサービス「SUSTINA」で実際に洋服を借りてみた!

  • P1010056 EDITOR'S 2015.12.04

    【体験レポ】陶芸初心者が体験。東京で作れる自分だけの陶器。

  • Dsc0666 EDITOR'S 2015.11.28

    VRで洋服を発表?直感に訴えかける新たな売買の形。NORIKONAKAZATO Resort ...

  • Dsc0449 EDITOR'S 2015.11.19

    【レポート】日本のアパレル工場と消費者を繋ぐ“伝え手”に。Factelier主催「学生のための...

  • Dscf0732 EDITOR'S 2015.11.18

    再構築を軸にした新しい挑戦、新鋭ブランド「The Attractman」の16SSコレクション。

RANKING Created with Sketch.

daily weekly
STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS