レイヤードを意識した随所のディテールへのこだわりが見える「nonnative」のフードシャツ

TREND 2015.10.02
S__299008021

一日の気温の変化が激しいこの季節。昼間はトップス一枚でちょうどいいのに、陽が落ちると急激に肌寒くなり、羽織りものが必須な涼しさになる。

こうした寒暖差に重宝するのが、一着でインナーにもアウターにも使えるアイテムだ。そこで今回は、大阪・堀江のDELIGHT.より、この秋おすすめな「nonnative(ノンネイティブ)」のフードシャツをご紹介しよう。


NN-S2803_WHITE_bのコピーnonnative / HIKER HOODED SHIRT C/P MINI PLAID CHECK OVERDYED ¥30,240(tax in)


コットンとポリウレタンの混紡素材を使用した、新型のフードシャツ。ブランドオリジナルのブレードチェック柄や、製品が仕上がってから色を入れる製品染めという手法により、昔懐かしい古着のような独特の風合いを出している。

また、裏地にはカットソー生地を貼り合わせており、通常のシャツに比べて着心地は抜群に良い。実際に店舗で試着させて頂いた感想としては、この裏地の質感の差は大きく、シャツというより文字通り長袖のカットソーを身に付けているような、快適な肌触りだった。

09191517_55fcfe1760367のコピー

そして本アイテムの最大のポイントは、レイヤードを意識した随所のディテールへのこだわりである。長めに設計された着丈に、ラウンドカットになっている裾部分、さらにボタンによって開き具合を調節できるサイドスリットなど、一着で十分にコーデのメインとなりうる、機能的なデザインが施されている。

しかしそれだけではない。冒頭の通り、このフードシャツは実に多様な着方が可能だ。ライトアウターとしても使えるよう、前はスナップボタン式になっていたり、上にノーカラージャケットなどを合わせることでフードをアピールできたりと、変幻自在に活躍してくれる。

コーディネイトの主役にするも良し、引き立て役としてインナーにもアウターにも良しな、nonnativeのフードシャツ。これ一枚あれば、秋の即戦力になってくれること間違いなしだ。

DELIGHT.
大阪府大阪市西区南堀江1-19-3
Open:12:00-20:00
Tel:06‐6563‐9674
BLOG / Instagram / Twitter / STYLER

Text.Ryota Shimizu


Text&Edit : STYLER


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Short shirt TREND 2017.05.29

    夏場も大人の余裕を見せるのなら、Tシャツではなくシャツをセレクトすべし。

  • Sumer gasigasishirts TREND 2017.05.15

    着ては洗濯の繰り返し。夏場、ガシガシ着れるタフなシャツを10着ご紹介。

  • Shorts shirts top2 TREND 2017.05.09

    ショーツにTシャツは味気ない。そうだ、シャツを羽織ろう。

  • Normal cf1aa0ec TREND 2017.05.07

    シャツを片手に部屋を飛び出す。アメリカチックな朝に憧れる人に送る、軽く羽織れるシャツ。

  • Normal ed2f4250 TREND 2017.04.27

    春夏を彩る。サラッと着られて雰囲気抜群なシャツ3着。

  • Normal d155ccfe TREND 2017.04.22

    一度買うとまた買いたくなる。自分だけの定番シャツを見つけてみませんか?

RANKING Created with Sketch.

dairy weekly
STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS