【Fashion Tech】老舗ブランドとデジタルの融合 Hanae Mori manuscrit 天津憂に聞く、デジタルで表現方法を1ランク上に持っていく方法

NEWS 2015.10.07
_DSC1879

ファッション×IT業界で活躍するトップランナーとSTYLER代表の小関が対談していくFashionTech連載!この連載では対談を通して、スタートアップで起業されている方などに、ファッションITの視点からファッション業界の未来について語っていただきます。

第十回は、Hanae Mori manuscrit(ハナエモリ マニュスクリ)のデザイナーを務める天津憂さんとの対談です。今回は天津さんのこれまでの経歴、セミオーダーができるオリジナルデジタルデザインアプリケーション「DIGITAL COUTURE HANAE MORI×DIGITAL FASHION LTD.」などについてお伺いしました。

─ ファッションは一番表現しやすいツール


_DSC1755

小関 まずは天津さんの経歴についてお伺いしたいと思います。天津さんは小さい頃からファッションの世界に入るという思いは強くあったのでしょうか?


天津 そうですね。アートというか絵を描いたり、ペインターだったりはやっていて、芸大に入るか、ファッションの専門に入るかは迷ってましたね。

小関 服やショーに対するこだわりもありますが、どちらかいうとインテリアや家具など総合的なところでデザインをしていきたいというのを他のインタビューで拝見したのですが?

天津 アパレル以外に空間も気になっています。実際に家具も作っていて、ライフスタイルの一部として洋服を捉えているんですね。僕がアパレルに入ったきっかけというのは、一番表現として、表現しやすいツールだからなんです。衣食住の中でも特に“自分が着て、自分が表現できる”というのがすごくあったので、そういう意味で洋服を選んだのかなあと今振り返って思います。

小関 ご自身のブランドのお名前(A DEGREE FAHRENHEIT)も透明性の高いものをつけられていますよね。あと、ファッションショーのテーマも温度を扱われていますが、そういったところも関係されているのでしょうか?

天津 元々、A DEGREE FAHRENHEIT自体は「Aの温度」という意味で、温度の中でも華氏を選んでいるんですね。摂氏が自然を基準とする温度とすると、ゼロ度を下回ると氷点下、100度を上回ると沸点ですが、華氏というのはそうではなく、人間が基準の温度なんですね。なので、100度を上回ると熱がある。っていう僕の温度感、体温感でデザインするという意味で、ブランド名をつけたんですけど、その中でも華氏だったり、いろんな温度でコレクションを表現してるっていうのが結果ですね。

─ ブランドを始める前は、衣装デザイナーを目指し渡米


_DSC1728

小関 天津さんはブランドを始める前にNYに渡られていますが、それはあちらのファッションスタイルやデザインに惹かれたというのが大きいのでしょうか?

天津 元々僕は衣装をやりたくて向こうに行ったんです。ハリウッドが近かったり、ブロードウェイがあったりっていうのもあって、全然あてはなかったんですけど、まずは向こうに行ってみようと。それがきっかけだったので、あまりNYコレクションに憧れてとかそういう感じではなかったですね。

小関 日本の現場などもご覧になられたと思いますが、実際あちらの印象はどうでしたか?テクノロジーなどでここは日本とは違うなと思った点などあるのでしょうか?

天津 テクノロジーでいうと、逆に僕が行った頃のアメリカはすごくアナログだったんですよね。日本は結構OEMが充実してたりするんですけど、アメリカは技術職の人間があまりいない国なんです。海外から輸入したり、買い付けだったりは多いんですけど、僕の時代はパターンメーカーは基本的に手でひいていましたね。「なんでこんなにCADを使ってる人間が少ないのか」というのはすごく思いました。

小関 逆にテクノロジーのギャップを感じて、ファッションを支える国が違えば、環境も違うということに気付かされたというところでしょうか。

天津 そうですね。向こうは大量生産の国ですし、分母が全然違う状態なので。デジタルにしてしまえば、すごく回りも早くなるんですけど、それがすごい遅い国だなあと思いました。まあ、洋服に関してはですけどね。

小関 僕も仕事の関係でアメリカの調査をすると、所得によって着る服が決められているので、それこそファストファッションかラグジュアリーみたいな二極化が進んでいるなと感じます。そう考えると、ラグジュアリーはラグジュアリーで手仕事の仕事がまだ残っているようなイメージなのかなと。

天津 CAD基軸で話すと、インチの時点で結構アバウトなんですよ。2.4〜2.5くらいのズレがあるんで、パターンがあがってきても合わないんですよね。それが最終パターンだったりするので、そこにびっくりして…だから、逆に日本人は全部ぴったり出すし、重宝されやすいんですよね。

─ アプリでは柄で遊ぶことを前提にどこまで許すかに挑戦


_DSC1801

小関 それでは今回の「DIGITAL COUTURE HANAE MORI×DIGITAL FASHION LTD.」のお話も伺おうかと思います。どれくらい前からどういった経緯でアプリケーションを始めることになったのでしょうか?

天津 元々A DEGREE FAHRENHEITでdigital fashion ltd. の代表 森田さんとはつながっていて、いつか面白いことやりたいねと話していたんです。あのアプリ自体は前からあるものですが、Appleと組む基盤というか、ちょっと大きなことがしたいという話しがあって。先日伊勢丹でHANAE MORIの会期があったんですけど、ただ飾ってるだけだと面白くないなということで、僕が持ってるカードで何かないかと。それでHANAE MORIとデジタルというのは特に面白いんじゃないかというプレゼンをしたんですね。

小関 元々森田さんとはつながっていて、天津さんからの発案で行うことになったんですね。

天津 まあ時期も時期だったんで、FNO(ファッション・ナイト・アウト)があるのも分かってたので、ちょっとAppleに行って小出しにして、FNOどうするの?という話しをして、いろんな考えていたことが合致したんですよね。12日にFNO、16日に会期やからこれ繋がったら素晴らしくない?っていうプレゼンをしたんです(笑)

slack_for_ios_upload.png

DIGITAL COUTURE HANAE MORI×DIGITAL FASHION LTD.


小関 アプリの機能としては、ユーザーによってデザインを変えられるためデザイナーとしては難しいところもあるのかなと思います。僕だとデザイナーが作ったオリジナルがベストと言えばベストだという感じなんですが、それが変えられてしまうのはデザイナーに取ってどうなんでしょうか?

天津 まず僕の思考から話すと、デザインはいろんなデザインがあって、人のコレクションを見て僕だったらこうするのになっていうのが結構あるんです。こうだったら買うのにな、みたいな。

今回はディティールの部分の変更はやめて、柄の部分でこの柄だったら買うのにっていう人たちが結構いるかなと思って、柄だけ変える体でいきましょうと。ただ、柄の大きさに関しては画素数も絶対出てくるのでその上限を決めながら、あまり小さすぎたり、無地を多めにするというところだけは絶対やめて、柄で遊ぶことを前提にどこまで許すかに挑戦しました。逆にこれだめです、これだめです。ていうのを言い過ぎないように挑戦すると。

小関 デザインが崩れるんだったらそこを止めるみたいな感じですか?

天津 でも、なるべくは止めない。これをやる人って限られていて、すごく好きな人はセンスよくやってくれると。ただ、あまり向いてない人たちは多分ガイドがいないとできないと思うんですよね。そういう意味でアドバイスをして、みんなでちゃんとこういう風に持って行きましょうね。くらいの漠然としたことなんですけど。

小関 店頭でもオンラインでも何か接客のツールとして、こういう風にするとよく映えますよ。っていうのは新しいコミュニケーションなのかなと、お客さんとブランドとのコミュニケーションとしては面白いかもしれないですね。

─ デジタルによって、表現方法を1ランク上に持っていきたい


_DSC1867

小関 一方で今まではデザイナーとして自分の作ったものを世に評価されるような感じだったと思うんですが、そこでお客さんとのコミュニケーションも見えると思うんですよね。例えば、実際のファッションのデータをどれくらい取っているのかは分からないんですけど、どのユーザーがどれくらい生地を使ったとかどういう柄をやったのかをデータとして取れるじゃないですか?そういったところにもご興味はあったんですか?

天津 実際にすごくバリエーションが多いと迷われるので、分かりやすくポリエステル、シルクにしぼりました。シルクは高級感があって高い、ポリエステルはハリがあって透け感も抑えられてますよと。シャツに関してもコットンに対してシルクをと、生地のバリエーションはその程度なんですね。でも、柄に関しては6〜8パターンあるのでそういう意味では×生地の数になって、あとはアイテムの数もあるので、一気にバーっと増える状態だとは思います。

データとしては、よくシルクとは言われるんですけど、実際はポリエステルを選ぶ人が多いなとはすごく感じてるんですね。今回の特に新宿伊勢丹っていうのは難しいとは思うんですよ。独特のお客さんが多いんで。なのでこれが全体のデータになるかは分からないんですけど、独特の場所に、ここに卸すときはこの生地を多めに、とかそういうデータが見えてくるのかなとは思います。

小関 今まで高級メゾンの服をカスタマイズできるというのは、特にレディースだとなかなかなかったですよね。最後にユーザーに対してメッセージをいただけますか?

天津 洋服は自分の価値観を高めることだし、自分の表現方法として一番使いやすいツールだと思うんですね。今日どういう気分っていうのは洋服を見ればわかるし、個性を出せたり、逆に個性を殺すこともできる。立場によってすごく変わるので、そこに自分の手が入ること、それがデジタルという形にはなりますけど、そこで自己表現としての価値観が上がったり、テンションが上がったり、表現方法が1ランク上にいけばすごく良いかなと。

新しい服をおろしたときって1日見られている感覚になるじゃないですか?あの感覚に強くなってもらいたいし、長くなってもらいたい。「良い服だね」ってよく聞かれる、僕が提供した服についてこれ着たらすごく褒められる。そうすると、僕も嬉しいですしね。そういう価値観になってすごく楽しい気分になったら嬉しいので、いろいろ触ってみてほしいなあと思います。

_DSC1857

天津 憂(あまつ ゆう)

2004年単身ニューヨークへ。Jen Kao(ジェンカオ)のメインパタンナーを務める。数多くのデザイナーを輩出している、ニューヨークのGEN ARTコンペティションで2年連続グランプリを受賞。その後、様々なアーティストへの衣装提供やコラボレーションなどを行いながら自身のブランド「A DEGREE FAHRENHEIT」を発表。パターンへのこだわりを持った斬新なデザインで着るものの価値を高め、メッセージ性のある洋服づくりを常に心がけている。2010A/W東京コレクションデビューを機に、東京を中心に活動。2015SSシーズンからハナエモリの新ライン「HANAE MORI manuscrit」のデザイナーを務める。

小関 翼(こせき つばさ)

大手EC事業者のAmazonにて事業開発を担当。インターネット上で取引をされるアイテムの種類に偏りがあることをECの現場にて実感する。ネットとリアルをつなげることで、情報の非対称性からEC比率の低いライフスタイル領域で日本発のイノベーションを起こすことを目指す。2015年3月に“つながり”でファッションを楽しくするスタイラー株式会社を設立。日英のメガバンクに勤務経験あり。東京大学大学院修了。

FashionTech対談ではスタイラー小関と対談してくれる方を募集しています。詳しくは、info@styler.linkまでお問い合わせください。

過去のFashionTech対談
【Fashion Tech】株式会社ユナイテッドアローズ 事業支援本部 デジタルマーケティング部 部長 相川 慎太郎に聞く、ECと店舗の融合とは
【Fashion Tech】C CHANNEL 森川亮が語る スタートアップのための「選択のルール」とは
【Fashion Tech】日本の産地のストーリーを伝えたい セコリ百景に聞く、空気感を届けられるプラットフォーム作り

その他のFashion Tech対談はこちらからご覧ください。
Text&Edit : 編集長Y


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • S magazine ogp NEWS 2016.11.10

    プレミアムクーポン発行に関する、重要なお知らせ。

  • S magazine ogp NEWS 2016.10.21

    そろそろ良い服が欲しくないですか?第二弾プレミアムクーポン発行のお知らせ。

  • S magazine ogp NEWS 2016.10.05

    台湾 FUJIN TREE GROUPとの業務提携についてのお知らせ

  • S magazine ogp NEWS 2016.08.03

    トランスコスモス株式会社との資本・業務提携のお知らせ

  • Img 4328 e1468909484487 NEWS 2016.07.19

    ファッション好きに朗報。伊勢丹新宿本店にて、ピッティ ウォモをVRで体験できるイベントがスタート!

  • Dsc03941 NEWS 2016.03.30

    もっと生活にワクワクを。ファッションレンタルサービス『airCloset』にインタビュー

RANKING Created with Sketch.

dairy weekly
STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS