夏に一枚でサマになるメンズTシャツをまとめてみました

TREND 2015.07.30
1枚で着るにもインナーで着るにも、年がら年中切っても切り離せないのがTシャツというアイテム。読者の皆様も、とりわけ夏はTシャツ1枚で過ごすことが多いのではないでしょうか?

そこで持っておきたいのが、勝負Tシャツ(?)とでも呼ぶべき、1枚でもサマになるTシャツ。今回はそんなTシャツをSTYLERでテイアンされたものからまとめてみたので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

medium niuhans Botanical Organic Cotton Tee ¥10,800 → SALE¥7,560(+tax)


FREEDOM FROM COMMONSENSE.からのテイアンは、niuhansのポケットT。ログウッドによる草木染めで、優しく深いネイビーが印象的なこのTシャツはオーガニックコットンを採用。シンプルなアイテムながら他には無い色合いと風合いに仕上がっている。

形がベーシックなので、ホワイトの流行もさることながら、テーパードのかかったワイドパンツでコーディネートしてみたい。

medium-1 OUTPUT originals border tee ¥5,184(+tax)


OUTPUTからのテイアンは、同ブランドオリジナルのTシャツ。4.5cmピッチの太めのボーダーは遠目から見てもインパクトあり。

太めか細めかで別れるところが多いボーダーだが、ベーシックなデザインであるため着る人を選ぶことはないだろう。こういった定番の柄物のTシャツは他のアイテムで変化をつけたくなるものだが、デニムを合わせてとことんオーセンティックなコーディネートをしてみたい。

medium-2F.S.Z VINTAGE ZINK S/S ¥17,280 → SALE¥12,096(+tax)


F.S.Z TOKYOからのテイアンは、スウェット地からなるTシャツ。ややオーバーサイズによるリラックス感、バックの裏地使いの切り替えや袖の切りっぱなしが特徴的なデザインとなっている。

特に袖口は切りっぱなしとなっているため自然なロールアップがしやすい。秋にはインナーに同色の長袖Tシャツ着ると程よい主張をしてくれるだろう。




コーディネートを楽しむ秋冬に比べ、ファッション性を置いてけぼりに面倒臭さが前面に出てしまう夏。トップスはパックTを2セット買っておしまいということもザラではなかったりしますが、「オシャレしたい」というのが本音ではないでしょうか?

今回の紹介を参考にぜひ1枚、サマになるTシャツを見つけてみてくださいね。ちなみに、各ショップからのテイアンはこちらのイライを元に作成しています。気になる方はぜひご覧ください!

Text.Shunsuke Mizoguchi


Text&Edit : ライターS


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Ss00964 TREND 2017.05.30

    そろそろシルエットGOODな無地T&ポロシャツが欲しい頃なのでは?

  • Print t TREND 2017.05.18

    タックインに、ジャケットに。今から組み合わせを楽しむプリントTをいかがでしょう。

  • Kazu t TREND 2017.05.16

    「ジークジオン!!」カズレーザーもきっと欲しくなる、赤Tシャツをご覧あれ。

  • Img 3042 TREND 2017.05.15

    爽やか系男子へ。たまには男らしく、カーキのTシャツを着てみてはいかがでしょう?

  • Mizuironotshirt TREND 2017.05.12

    白T原理主義に飽きた。今年はブルーのTシャツへ替え時です。

  • Gangan tshirts TREND 2017.05.10

    夏の汗にへこへこしない。洗濯してもへこたれないTシャツで「ガンガンいこうぜ」。

RANKING Created with Sketch.

dairy weekly
STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS